タイ国王弾劾ブログ

隠し通せると思うなよ。

「ドイツ人にも土下座を強要、部屋にヒットラーの肖像画」仏ルモンド紙報道

ワチラロンコンがドイツのミュンヘン空港に隣接するヒルトンホテルに好んで滞在していることは、当ブログでもお伝えしてきた。ただ、現在は、ドイツ国内に2つあるヤツの邸宅でほとんどの時間を過ごしているため、ヒルトンにはほとんどいないようだ。

f:id:prayforthailand:20170327222105j:plain

ミュンヘン空港と言えばこの写真。2016年7月

フランス・ルモンド紙は1月5日付の記事で、ヒルトン・ミュンヘン空港の元従業員の証言を掲載するとともに、ヤツのこれまでの異常な行動の数々を紹介している。

元従業員の証言以外の部分は、これまでに数多くのメディアが触れてきた内容だ。2014年から2015年にかけて3人の側近が殺されたこと、1987年来日時の騒動とその復讐行為、2007年に流出した衝撃動画、Wikileaksによって暴露された在タイ米国大使主催パーティでの異常行動など。これらのことは、あまりにも知られたことなのでここでは触れないが、元従業員の証言は初耳なのでご紹介しよう。

元従業員の話によると、ヤツがヒルトンにやってくる際、ベルリンのタイ大使館から連絡が入るのはいつも到着の数日前だったようだ。大量の荷物が運び込まれ、ホテルの大部分を占領したという。複数の愛人の姿もあったようだ。ヤツの側近はドイツ人従業員にさえ、ヤツの前でひれ伏す土下座行為を迫ったものの、ホテル側はこれを拒否。ただ、ヤツの目を見たり、話しかけたりしないことには同意したという。

「彼は生き神様として扱われ、お付きの者たちは、彼の目の動きから、彼が欲しているものを察知しなければならないようだ」と別の人物の証言もルモンド氏は紹介している。

ヤツの部屋には、彼のコレクションである車の写真がいくつも飾られていたようだが、ある日、女性従業員がヤツの部屋にヒットラー肖像画が掲げられているのを発見。ホテル側はタイ側の代表者に肖像画の撤去を求めたという。

まあ、ヤツがヒットラーを崇敬していたとしても、私は全く驚かない。むしろ当然だろう。まさか、やつがマザー・テレサを慕うなどあり得ないし。

このバカの暴走を止めるにはどうすればよいのか。日本は対タイ貿易額で中国に抜かれたものの、たしか、投資額ではいまだトップにいる。タイに最も影響力のある国の一つと言っても過言ではない。昨年9月、世耕経済産業大臣が600名からなる日本企業の関係者とともにタイを訪問し、独裁者プラユットらと面会した。

タイとの経済的結びつきを深めるのはいいことだと思うが、日本企業の方々にはぜひ、ワチラロンコンが現在進行形で犯す数々の非人道的行為を知り、そして、その極悪行為の隠蔽に努める軍事政権の実態を知ったうえで、ビジネス上の決断をしていただきたいと切に願う。

カルト国家タイ王国

変態国王と悪徳軍事政権が支配する現在のタイにおいて、これら両者の批判を表立ってすることは、相当のリスクが伴う。特に変態国王に関しては、批判どころか、少しでもマイナスな発言や態度を示すだけで万能「不敬罪」が発動され、密室の裁判により豚箱行きとなる。

現在のタイは全体主義国家であり、独裁であり、そしてカルト国家である。完全に常軌を逸した変態国王を、熱狂的に崇拝することを国民に強制し、それに異議を唱えたり、唱える構えを見せるものは「国家安全保障への脅威」とみなされ、処罰される。

ところで、伝家の宝刀「不敬罪」がタイにおいて万能とはいえ、現代の人類の価値観では完全に否定されているため、タイ当局から不敬罪容疑をかけられたとしても、容疑者が外国にいるのなら、当然ながら当局は手出しができない。タイ国内の異端児を拷問することなど屁でもないが、国外で声を上げる異端児に対しては、あの手この手を使って口封じに躍起となるが、基本的にはヤツらの思い通りにはならない。

「国家安全保障への脅威」。独裁者プラユットが度々口にする言葉だ。まともな国家であれば、核兵器開発に精を出す某国やテロリスト集団に対して用いる言葉だが、カルト国家タイ王国では、変態国王の真実がバレそうになるときに用いられる。

f:id:prayforthailand:20170624134217j:plain

f:id:prayforthailand:20170411060304j:plain

これらの写真や動画が世界を駆け巡ったとき、何度「国家安全保障への脅威」が連発されたことか。国民を欺く大嘘で塗り固められたタイ王室とそれを支える軍事政権。両者が手を取り合うとカルト国家が誕生する。

2014年のクーデーターから3年半が経った。18ヵ月で退陣するとしていた軍事政権はいまだに権力の中枢に在って、大嘘隠しに余念が無い。たとえ2018年に総選挙があったとしても、状況が劇的に変わることはない。軍政が作り上げ、バカ国王が勝手に修正をした現憲法下でまともな民主国家は誕生しないのだ。

ドイツ紙「タイ国王が周辺住民とトラブル」と報道

f:id:prayforthailand:20171224231558j:plain

プミポン前国王の葬式を終え、12月10日(11日との情報も)にドイツに戻ったバカ国王。それから1週間も経たぬうちに、またしても、ヤツらしいアホなニュースで紙面を飾ってくれた。

ドイツのミュンヘナー・メルクーア紙によれば、ドイツ・バイエルン州トゥッツィンのヤツの邸宅周辺の住民との間でトラブルが発生しているという。

邸宅の敷地は5,600平方メートルで、1200万ユーロ(約16億円)でヤツが購入したもの。邸宅は歩道を挟み湖に面しており、夏には海水浴をする人々で賑わうという。

そんなロケーションにあるヤツの邸宅には、湖の方に向けていくつもの監視カメラが設置してあり、当局に周辺住民から苦情が寄せられているようだ。監視カメラは木々に設置してあったり、黒いネットで覆われた中に設置してあったりと、バレないように子細工をしているところがヤツらしくて笑える。

同紙によれば、この邸宅は10月24日にタイ王国総領事館および総領事の住まいとして認可されたため、治外法権により当局が手出しすることは難しいようだ。

同記事では、管轄する市の市長のコメントも紹介されているが、これがまた笑えるので最後に紹介しておく。

「私が知る限り、国王はトゥッツィンではなく、フェルダッフィンに住んでいる。彼のトゥッツィンの邸宅はタイ領事館として機能しているため治外法権区域に当たる。(中略)もし、暗殺者がスピードボートで近づいてきたとしたら。。。湖側は国王にとって危険だ。国王は自身を守るための権利を有している。我々は、彼に敵がいることを承知している」

この悪魔がいることで、どれだけの人々が地獄の苦しみを味わっていることか。この市長さんに、ヤツの悪事の数々を知ってもらいたい。

知る人ぞ知るタイ国王の“ミュンヘン事務所”

f:id:prayforthailand:20170922005212j:plain

ヒルトン・ミュンヘン空港

不敬罪を問われ亡命中の3人のタイ人女性が、ヤツが宿泊するドイツのホテル前で抗議文を読み上げたことは、前回の投稿でお伝えした通り。

prayforthailand.hatenablog.com

このホテルとは、ヒルトン・ミュンヘン空港のこと。ここにヤツが住み着いていることは、知る人ぞ知る周知の事実。

今年7月、ヤツの誕生日の祝い方について、世界中のタイ大使館に送られた書簡には、在独タイ大使館員のサインとともに、“Munich Operations Office”としてヒルトン・ミュンヘンホテルの住所が記されていたという。

Thai king's birthday celebrations mark consolidation of power(ロイター)

ここに行けばヤツに会えるわけだ。なるほどな。

vimeo.com

ミュンヘンからバンコクに戻るking of バカ。ミュンヘン空港にて。2016年。

 

タイ国王が宿泊するドイツのホテル前で、タイ人女性3名が抗議活動

f:id:prayforthailand:20170920214636j:plain

2006年9月19日に発生した軍事クーデータから11周年の昨日、タイのバカ国王が事実上定住しているドイツ・ミュンヘンのホテル前で、タイ人女性3名が抗議声明を読み上げた。

3人のうち1人は、不敬罪を問われ2010年に亡命したJunya Yimprasert氏。彼女は今年4月にも、ミュンヘン郊外のバカ国王邸宅前で抗議活動をしている。抗議文で彼女は、民主主義・基本的人権の尊重、不敬罪の廃止、公正な総選挙の実施などを求めている。

His Majesty King Maha Vajiralongkorn Bodindradebayavarangkun - RESPECT for DEMOCRACY

私もこれに完全に同意する。特に、バカ国王の犯罪を覆い隠すためだけに存在する不敬罪の廃止を切に願う。この男が実際に何をやっているのか、私は知っている。絶対に止めなければならない。

来月25日~29日にかけて、父プミポン前国王の葬儀とヤツの戴冠式が執り行われる(追記:戴冠式の日程はいまだ未定)。日本からは秋篠宮ご夫妻が出席される予定。この犯罪者が仕切る行事に、我が日本からも代表者を送るのは、なんとも言えぬ思い。

ヤツは今月24日に1日だけタイに戻り、その後再びドイツへ。1日だけしか本国に戻らんとは相変わらずふざけている。世界中から国賓の集まる来月は、さすがに式典の2週間前に戻ってくるようだ。

不敬罪廃止を求める請願書

f:id:prayforthailand:20170917223823j:plain

King of バカヤローこと、タイのワチラロンコーン。

この茶番劇をいつまで続けるのだろうか。狂気の国王ワチラロンコーンが、王室の閉じられた扉の向こう側で行っている悪事の数々を、プラユットが知らないはずがない。

9月12日、不敬罪元服役者エカチャイ・ホンカンワン氏が、暫定憲法44条を発動して、不敬罪を廃止するよう独裁者プラユットに請願書を提出した。暫定憲法44条とは、プラユットがいかなる命令をも出せる独裁者の伝家の宝刀。

「安倍独裁」と騒いでいる日本はなんと平和なことか..。

請願の理由はこうだ。先月、学生活動家のPaiが不敬罪で実刑判決を受けた翌日、プラユットは「国王は不敬罪を犯した者に対して、いつも慈悲の念を示してこられた。国王は不敬罪で罰することを望んではおられない」と述べた。ここまでの大嘘を平気でかませるプラユットは、やはり極悪人と言わざるを得ない。

ワチラロンコーンに、慈悲だとか、他人を思いやる気持ちなど、一切ない。1mmもないと私は断言できる。ヤツはそんな甘い人間ではないのだ。

さて、プラユットのおとぎ話を逆手に取ったのが、前述のエカチャイ氏だった。「国王が望んでおられるのなら、従うべきだ」として、請願の申し立てをしたわけだ。 彼の願いが叶うことは100%ないであろうが、彼の勇敢な行動力には頭が下がる思いだ。

参照:Use Section 44 to abolish Article 112: former lèse majesté convict urges junta head

英BBCが報じたタイ国王の経歴、問題の記事を日本語訳してみた

狂気の国王ワチラロンコーンの経歴を報じた英BBCの記事をFacebookでシェアしたタイ人学生に2年半の実刑判決が下された。

国王記事「共有」で実刑判決=学生活動家に不敬罪-タイ 時事通信
Thai activist jailed for two and a half years for posting BBC article ロイター

f:id:prayforthailand:20170816005108j:plain

昨年12月1日、父プミポン前国王の死去に伴い、狂気の皇太子ワチラロンコーンが第10代タイ国王に即位した。プミポン前国王が死去したのは同年10月13日。本来、直後に新国王が即位しなければならないのだが、ヤツは「国民とともに悲しみを分かち合う時間が欲しい」などと心にもないことを述べ、即位を拒否した。

その後、愛人と100人以上の家来を引き連れて、邸宅を構えるドイツに戻り、ヤツが再びタイに帰国したのは国王即位の2日前に当たる11月29日だった。国王になる前から、安定の変人ぶりを披露していたわけだが、それは国王となった今でも変わっていない。むしろ、磨きがかかっていると言ってもいいくらい…。

さて、ヤツが国王に即位した昨年12月1日、英BBCがヤツの経歴に関する記事を英語とタイ語で報じた。

12月3日、この記事をFacebookでシェアしたことが不敬罪に当たるとして、Paiのニックネームで知られる学生活動家が逮捕される。同記事はタイ国内で閲覧禁止になり、BBCタイの事務所も家宅捜索を受けるが、逮捕者は出なかった。

Paiはワチラロンコーン国王下で不敬罪を問われた最初の人物となってしまった。新国王即位後わずか3日で発せられた万能「不敬罪」。逆説的な言い方をすれば、不敬罪なしでは3日も維持することができないほどタイ王室は腐っているのだ。腐りきっている。

ワチラロンコーンが如何に狂った国王なのか?問題のBBCの記事を見ていただければ、その片鱗を窺い知ることができるだろう。同記事の内容は、一部の人間しか知らない秘密でも何でもなく、ごく一般的に知られている内容だ。ヤツの極悪行為に関して、付け加えたいことは山のようにあるが、ここでは、同記事の日本語要約のみを紹介する。

いつの日か、必ず真実を白日の下にさらす。隠し通せると思うなよ。

Profile: Thailand's new King Vajiralongkorn

พระราชประวัติกษัตริย์พระองค์ใหม่ของไทย

1952年、ワチラロンコーンはプミポン国王とシリキット王妃の初の男子として誕生した。彼は13歳までバンコクの王宮で育てられ、その後、イギリスで5年間、オーストラリアで1年間留学。カナダの軍士官学校でも4年間を過ごす。彼自身の説明によると、王宮で甘やかされて育ったため、学校の授業に付いていくのは大変だったようだ。

1972年、20歳になったワチラロンコーンは父プミポンの命により、正式に皇太子の座に就く。しかし、その後も王室の行事には一切の関心を寄せず、女遊び、ギャンブル、違法ビジネスへの関与の噂が常に消えなかった。1981年、母シリキット王妃も息子の放蕩を嘆くコメントを残している。

1977年に最初の結婚をして以来、3回の離婚・結婚を繰り返す。2014年に3番目の妻と離婚する際、彼女の両親を含む親族9人が不敬罪で逮捕される。一族と関係の深い警察高官、ワチラロンコーン側近の占い師も拘束され、両人とも直後に死亡している。また、ワチラロンコーンのボディーガードも「命令に背いた」として役職を解任され、行方不明となる。恐らくは、死亡したとみられている。

ワチラロンコーンは近年、タイ航空の元添乗員スチダー妃を同行させることが多く、彼女は王室親衛隊中佐の地位が与えられている。ちなみに、ペットのプードル犬「フーフー」は空軍大将の地位。

厳しい不敬罪が存在するタイでは、新国王の適性を公で論じることはできない。しかし、妹のシリントーン王女が国王に就く可能性は度々議論の的となってきた。

新国王の人間関係を巡っては、2001年に首相に就任して以来すべての選挙に勝ってきたタクシンとの関係も取りざたされてきた。彼はタイ保守エリート層にとって脅威の人物とされる。2014年、タクシンの妹であるインラック首相の率いる政権が、タイ国軍によるクーデターで瓦解した。代わって権力を掌握した軍は当時皇太子のワチラロンコーンと協力して、将来の国王としてのイメージを確立していく。

ワチラロンコーンがどんなタイプの王として君臨していくかは予測できない。タイは立憲君主制でありながら、国王の望みを拒否することは不可能に近い。3兆3000億~4兆4000億円(300億~400億ドル)の資産を持ち、年間収入は非課税で300億円程度(3億ドル)。タイ国軍とは別に、5000人規模の自身の軍隊をも保有する。しかし彼は、父が築き上げた絶大なる威光と尊厳を受け継ぐことはできない。それは自身で勝ち取らなければならないのだ。