読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイ国王弾劾ブログ

タイ国王とタイ軍事政権の巨悪を暴く。

クーデター以降不敬罪の逮捕者が100人を突破 微笑みの国はもう存在しない

2014年のクーデータ以降、不敬罪による逮捕者の数が100人を突破した。国民のことなど全く関心がなく、ドイツで暮らすトンデモ国王を守るため、タイ軍事政権は日々暴走を続けている。

 

今月に入ってからもすでに7人が不敬罪で拘束。しかも、Facebookでトンデモ国王に関する投稿をシェアしただけ。不敬罪の場合、内容が明かされることがないため詳細は不明だが、この動画をFacebook上でシェアしたことが逮捕の理由だと言われている。

 

前国王プミポンの時代に築き上げた「神格化」の威光を正当性のないクーデター政権は必要としているわけだが、プミポンのバカ息子はこの威光を行動で示すのではなく、残忍な恐怖により引き継ごうとしている。

 

自身の意にそぐわないものが払う対価は最悪で死、幸運なら拷問および役職の解任。バンコク郊外にある王室関連施設には、一般的には知られていない牢獄と火葬場まであるという。

 

「Land Of Smile(微笑みの国)」はもう存在しない。